伊予市立北山崎小学校 
〒799-3123
愛媛県伊予市中村41番地
TEL 089-982-0669
FAX 089-983-1456

今週の献立

今週の献立こちらからご覧いただけます。

写真入りです。基本的には、週末金曜日にその週に出された給食が紹介されます。

また、おすすめメニューが作り方といっしょに紹介されていたり、学校給食に関する情報も掲載されていたりしますので、参考にしてください。

新着
ブログ

令和元年度北山崎小日記

北山っ子祭りが始まりました

北山っ子祭りが今始まりました。

今年も各学年が趣向をこらして発表の準備を進めてきました。

いよいよ始まります。

収穫したもち米を使って(5年生)

先日収穫したもち米の総量は約300kgでした。

これを今後どのようにしていくかは、これから子ども達と一緒に考えていきますが、

まずは収穫を祝って自分たちが新米の味を確かめなくてはいけません。

そこで、お世話になった方々をお招きして、もちつきに挑戦しました。

最初は、多目的室で学んだことの発表などを行いました。

その後は、いよいよ家庭科室に移動してもちつきの開始です。

すでに家庭科室の近くには、もち米の炊き上がるいい匂いが漂っていましたが

食べるためには、まだ餅をまるめる作業が必要です。

みんなが注目する中、餅つき器のスイッチが押されました。

いい感じでもち米がつきあがりました。

先生が手際よく切り分け、子どもたちの手に渡されます。

まだ、アツアツでしたが、子どもたちももち米の感触を味わいながらもちを上手に?丸めていました。

ちょっと!おだんごではありませんよ!!

経験のある子どもは手際よくきれいに丸めていますが、中にはだんごのようにまん丸にしている子どももいます。

でも、お互いの様子やできばえを見ながら、みんな少しずつこつをつかんでいました。

まだまだ次々にもち米がつき上がっていきます。

慣れていくと手早く形のいいおもちがどんどん作れるようになっていきました。

さあ、はやく作業を終えて、温かいうちにおいしいおもちを味わいましょう。

やっぱり自分たちが収穫したもち米のおもちの味は最高です。

 

気持ちのいい朝です

今日も秋晴れの気持ちのよい朝を迎えました。

寒いくらいの朝ですが、子ども達は今日も元気に登校しています。

前にも紹介しましたが、秋は落ち葉の季節です。

この季節は全校児童が朝来た人から運動場の落ち葉拾いに取り組んでいます。

この朝のチョボラは長年取り組んでいる秋の恒例行事です。

みんな自分たちの学校をきれいにするために自分の学年の持ち場に走っていくほど

気合いをいれて取り組んでくれていることをとてもうれしく思います。

拾っても拾ってもきりがないほど落ち葉は落ちてきますが、

子ども達のチョボラのおかげできれいな環境で、1日をスタートできています。

さあ、今日も元気な子ども達とともに、北山崎小学校の一日が始まります。

北山っ子まつりの準備が進んでいます

今朝、6年生たちが体育館に北山っ子まつり用の演台を設置しました。

今年は、PTA本部役員のお父さん達が、子ども達の姿がよく見えるように

演台をかさ上げするものを作ってくださいました。

(今年の演台)

昨年までは一番前の子ども達はフロアに立っていました。

(昨年の演台)

でも、一年生の発表ではまだ小さい前列の子ども達の姿は

体育館の後ろの方までお客さんでいっぱいになる北山っ子まつり本番ではよく見えませんでした。

そこで、PTA役員のお父さん方が協力して、一番前の子ども達も演台の上で発表できるよう

黄色の演台の高さをかさ上げする台を新しく作ってくださいました。

さらに、子ども達が運びやすいようにあけられた穴は、

笑っている目を意識しながら作ってくださったそうです。

本当にありがとうございました。

この北山っ子まつりの新しいステージで主役の子ども達の笑顔を十分に見ていただきたいと思います。

本番をお楽しみに!!

扶桑会館祭りに参加して

5年生の有志が扶桑会館祭りに参加しました。5年生が毎年参加している恒例の行事です。

いよいよオープニング行事のよさこいソーランの発表です。

衣装のはっぴを身につけ構えます。

大勢の観客の前で自分たちの取組を見ていただくことは貴重な経験です。

 

おおきな声が曲に合わせて響きます。

続いて会館の中に入り、特別企画の朗読「かわいそうなぞう」にのぞみました。

その他にも英会話教室、日本舞踊など子ども達も参加してすばらしい発表ができました。

多くの子ども達が午後のお楽しみ抽選会まで参加し、お祭りを楽しみました。

地域の名人さんをお招きして(3年生)

 

 

今日は3年生が地域の名人さんをお招きして様々な技を教えていただく交流会を開催しました。

最初に多目的室で開会式をおこない、名人さんが紹介されました。

地域には様々な特技を持った方がたくさんいらっしゃいます。

その名人さんに直接ご指導していただくことは、子ども達にとって貴重な体験です。

また、卓球や折り紙、日本舞踊など様々な技を教えていただきながら

地域の方と交流を深めることも目標の一つです。

さあ、いよいよそれぞれの会場に移動して名人さんに技を教えていただきましょう。

体育館では折り紙、お手玉、けん玉、卓球が行われていました。

多目的室では日本舞踊が行われていました。

3年生の教室では、ハーバリウムが行われていました。

子ども達も技を教えていただくのに夢中です。 

 

スイートポテト作り(2年生)

2年生は、生活科で育てたさつまいもを使い、各クラスでスイートポテトを作りました。

包丁を使って切り、ゆがいて、オーブンで焼きました。

できあがりの音が鳴ると、子どもたちから大きな歓声が上がりました。

つるを植えて、収穫したさつまいもだからおいしさも格別です。

笑顔で食べる子どもたちの姿がとても印象的でした。

 

 

 

4年生総合的な学習の時間「だれもが住み良い町に」

4年生は総合的な学習の時間で年間を通して「だれもが住み良い町に」というテーマで学習しています。

今日は聴覚に障がいのある方にお越しいただき、

子ども達との交流会を通して色々なことを教えていただいたり

ゲームをしたりして楽しい時間を過ごさせていただきました。

保護者のみなさんも一緒に参加して有意義な学習になりました。

 

3年生理科

3年生が虫めがねと黒い画用紙をもって、中庭に降りてきました。

何をしているのか見ていると、虫めがねで黒い画用紙に太陽の光を集める理科の実験をしているようでした。

でも、あいにくの曇り空です。これでは、実験になりません。

子ども達は、空に向かって祈ります。

するとどうでしょう。晴れ間がのぞき、太陽の光が降り注いできました。

今が実験のチャンスです。

最初は虫めがねの向きを太陽にあわせることができなかった子ども達も

いろいろと角度を変えているうちに正しい向きにあわせられるようになってきました。

けむりが出た!!!

子ども達からかん声が起こります!!

黒い画用紙は穴だらけになりました。

うまく実験ができてよかったですね。

チョボラに取り組んでいます

子ども達は、今、秋の恒例の落ち葉ひろいをチョボラ(ちょっとボランティア)として取り組んでいます。

朝、登校した児童から自分たちの学年の担当場所へ行き、落ち葉を拾います。

北山崎小学校には様々な木々があり、花や紅葉でわたしたちの目を楽しませてくれますが、

この季節の落ち葉は、そうじをする上では大変です。

でも、全校児童が一斉に取り組むと、短い時間できれいになっていきます。

1年生もがんばっています。

だれかのために力をつくすことは、自分のためになることでもあります。

それが行動に示せる北山っ子のすばらしさを実感しています。